じんもんこん2017は終了しました。たくさんの方々のご来場ありがとうございました。
審査員による投票の結果、じんもんこん2017ベストポスター賞は、以下の発表に決定いたしました。おめでとうございます。
P2-2: 歌ことば「橘」「梅」「桜」における関連対の抽出
ホドシチェク ボル(大阪大), 山元 啓史 (東京工業大)
じんもんこん2017学生奨励賞は、以下の発表に決定いたしました。おめでとうございます。
P2-8: 日本舞踊における「腰」の技法分析—モーションキャプチャを用いて—
宇津木 安来(東京藝術大), 露木 雅彌(東京藝術大), 高岡 英夫(運動科学総合研究所)
A1-2: 系図からのデータ自動取得の試み
永井 謙也(和歌山大), 村川 猛彦(和歌山大), 大澤 留次郎(凸版印刷), 宇都宮 啓吾(大阪大谷大)
じんもんこん2017最優秀論文賞は、以下の発表に決定いたしました。おめでとうございます。
A1-1: 地方小集落の「集落アーカイブ」の課題と 実践的取り組みについて
藤本 悠(奈良大)

趣旨

人文科学とコンピュータ研究会では主に人文科学と情報学の学際領域における研究課題として、情報技術を活用した人文科学の研究や人文科学に関連する情報資源の記録・蓄積・提供に関わる研究等を扱ってきました。昨今、人文科学と情報学を取り巻く環境や状況が変貌を遂げつつあります。機械学習・人工知能のなどの情報技術により、ビッグデータ活用のようなかつてないほどのテキスト・画像・音声・動画などのデータを大規模に処理し分析していく環境が現実のものとなりつつあります。また、セマンティックウェブ・オープンデータなどによるデータの扱い方や提供の方法にも新たな考え方が浸透しています。一方で、人文科学におけるデータを安定的かつ長期的に利用していく方法・手段についても考えていく必要があります。

そこで、本シンポジウムは、情報革新の嵐の中で、持続可能な人文科学研究を支える、または人文科学以外の研究領域においても利用していくための情報技術・情報資源提供などを課題として捉え、これを共有することを目指し、課題解決やそのための展開等について考えていく機会として捉えたいと考えています。

併設イベント

「歴史的典籍オープンデータワークショップ(アイデアソン)
【日時】:2017年12月8日(金)15時15分~18時00分頃終了予定
【場所】:大阪市立大学文化交流センター 大セミナー室・小セミナー室(大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階)
【主催】:人間文化研究機構 国文学研究資料館

実行委員会

永田 好克(大阪市立大学)[委員長]
上阪 彩香(大阪大学), 関野 樹(総合地球環境学研究所), 曽我 麻佐子(龍谷大学), 土山 玄(一橋大学), 堤 智昭(東京電機大学), ホドシチェク・ボル(大阪大学), 前田 亮(立命館大学), 松村 敦(筑波大学), 後藤 真(国立歴史民俗博物館), 山田 太造(東京大学)

プログラム委員会

阪田 真己子(同志社大学)【委員長】
大内 英範 (人間文化研究機構), 河瀬彰宏 (同志社大学), 耒代 誠仁 (桜美林大学), 北本 朝展 (国立情報学研究所), 鹿内 菜穂 (日本女子大学), 高田 智和 (国立国語研究所), 村井 源 (はこだて未来大学), 守岡 知彦 (京都大学)

おもなトピック

デジタル・アーカイブ(記録、保存もしくは活用に関する技術、事例、理論など)、保存科学、文化財防災、MLA連携、デジタル博物館、デジタル化文書、ドキュメンテーション、古学・歴史学・文献学・言語学などの人文系諸学を含むデジタル・ヒューマニティーズ、人文情報学、時空間情報、視覚化、データ・マイニング、色彩情報処理、情報技術を用いた教育、WEB活用、情報検索、メタデータ、知的財産権・著作権課題など、広く 人文科学とコンピュータ研究会の理念に即したテーマ、事例、現状批判、問題提起などについてのご発表も広く歓迎いたします。

発表論文募集

項目 日程
募集開始 2017年7月4日(火)
概要論文締切 2017年9月15日(金)2017年9月24日(日)
論文採否通知 2017年10月16日(月)
カメラレディ論文締切 2017年11月15日(水)
概要論文の締め切りが延期になりました。すでにご提出いただいた方々も24日(日)までは修正可能です。

概要論文の応募について

  1. 1. A4判2ページ(図表を含む)の概要論文を作成してください。査読方針、概要論文の書き方、送付方法などについては、以下のフォーマットに詳しい情報がありますので、ダウンロードの上、必ず参照してください。
  2. 2017年度、じんもんこんシンポジウムはシングルブラインド制を採用します。著者・所属も概要論文に記載をお願いします。
  3. 概要論文には希望する発表形式(口頭、ポスター、デモ、どれでもよい)を明記してください。
  4. 学生が第1著者の場合は、学生奨励賞の審査対象となりますので、審査希望の有無を選択してください。
  5. 投稿後、すぐに受理通知メールが送付されます。受付通知が届かない場合はお問い合わせください。
  6. 〆切までの期間内であれば、何度でも原稿のアップデートが可能です。
  7. 提出された概要論文に基づいて、プログラム委員会で査読・審査の上、応募論文の採否を決定します。
  8. 採択された場合、A4判8ページ以内の論文集用カメラレディ論文を提出していただきます。

概要論文の提出について

  1. じんもんこん2017では、概要論文・カメラレディ原稿の提出にオンライン投稿システムEasyChairを利用します(http://www.easychair.org)。EasyChairのアカウントをすでにお持ちの方は、そのアカウントを利用してログインしてください。アカウントをお持ちでない方は、新規にアカウントを作成していただく必要があります。
  2. じんもんこん2017 EasyChairページよりログインし、概要論文を提出してください。
  3. 提出ファイルのファイル形式はPDFのみとします。
  4. 提出時、「発表者情報」「タイトル」「キーワード(3つ以上)」を入力して、申し込みをしてください。概要論文が日本語の場合には、いずれも日本語で入力してください。 ※キーワードを日本語入力するとエラーが出る事例が報告されています.その際 には半角アルファベット(ローマ字可)でご入力ください。
  5. EasyChairの詳細な操作方法は EasyChairの使い方(こちらをクリック) を御覧ください。
  6. 論文作成、投稿に関して不明な点があれば、下記問い合わせ先にお問い合わせください。

発表形式

口頭発表

  • 口頭発表は、1発表につき発表25分(ただし、前の人との入れ替えを含む)と質疑5分の合計30分となります。

ポスター発表

  • ポスター発表には以下の設備を用意します。
    1. パネル:W1130mm, H1630mm(掲示可能推奨サイズ),W1230mm, H1700mm (掲示可能最大サイズ)(*掲示可能推奨サイズを越えると美しく掲示できない可能性があります。画鋲留めです。マグネットは使用できません。)
    2. 電源はありません。
  • ポスターは9日(土)の午前中から掲示できます。9日(土)の昼休み終了までに は掲示を完了して下さい。
  • ポスターは10日(日)のポスターセッション2終了まで掲示し、それ以降撤収を お願いします。(10日(日)のポスターセッション2終了までは必ず掲示してください)。
  • 10日(日)のポスターセッション2終了後に撤収できない場合は、実行委員会で 撤収します。なお、その際のポスターの破損等につきましては、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。(シンポジウム終了までにポスター回収に来なかった場合には、実行委員会側で処分いたします。)

デモ発表

  • デモ発表には以下の設備を用意します。
    1. パネル:W1130mm, H1630mm(掲示可能推奨サイズ),W1230mm, H1700mm (掲示可能最大サイズ)(*掲示可能推奨サイズを越えると美しく掲示できない可能性があります。画鋲留めです。マグネットは使用できません。)
    2. 机:1台(480mm×750mm)
    3. 電源あり(延長コードのご用意はありません。必要な方はご用意ください)。
  • ポスターは9日(土)の午前中から掲示できます。9日(土)の昼休み終了までに は掲示を完了して下さい。
  • ポスターは10日(日)のポスターセッション2終了まで掲示し、それ以降撤収を お願いします。(10日(日)のポスターセッション2終了までは必ず掲示してください)。
  • 10日(日)のポスターセッション2終了後に撤収できない場合は、実行委員会で 撤収します。なお、その際のポスターの破損等につきましては、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。(シンポジウム終了までにポスター回収に来なかった場合には、実行委員会側で処分いたします。)

表彰について

最優秀論文賞

  • 最も優秀な研究発表を表彰します。

ベストポスター賞

  • 最も優秀なポスター発表を表彰します。

学生奨励賞

  • 学生が第一著者で発表を行った中から、優れた研究発表を表彰します 。

参加申込

申込方法

事前登録期間: 2017年11月1日(月)〜2017年11月30日(水) 終了しました。

事前登録・事前振込み(12月9日(土), 10日(日)): 情報処理学会の申込みフォームからお申し込みください。

参加費振込先(12月9日(土), 10日(日)分): こちらをご覧ください。

事前登録(12月8日(金)のアイデアソン): 別途お申し込みが必要です。詳細はこちらをご覧ください(参加費無料)

参加費

12月8日(金)は参加費無料です。
12月9日(土)・10日(日)については下表をご覧ください。
*12月10日(日) 9:45~11:45 に行われるチュートリアルは参加費無料です。

事前登録価格は2017年11月30日 23:00までの申込かつ振込みが行われている場合に適用されます。

会員種別事前登録両日参加
(9日(土)・10日(日))
当日登録両日参加
(9日(土)・10日(日))
事前登録1日参加
(9日(土)または10日(日))
当日登録1日参加
(9日(土)または10日(日))
CH研究会登録会員,開催校関係者
*「開催校関係者」の方は会員番号入力欄に該当する団体名をご記入ください。
6,000円9,000円--
IPSJ正会員,共催・後援団体会員
*「共催・後援団体会員 」の方は会員番号入力欄に該当する団体名をご記入ください。
9,000円12,000円7,000円10,000円
一般(非会員)10,000円13,000円8,000円11,000円
学生(CH登録会員)0円0円(原則事前登録)--
学生(CH登録会員以外・論文集無し)0円0円(原則事前登録)--
学生(CH登録会員以外・論文集付き)3,000円3,000円(原則事前登録)--

 *発表者は1日参加枠では申込みできません。

 *懇親会費は参加費とは別に5,000円(一般)、1,000円(学生)となります。当日受付での現金払いのみとなります。

 *昼食代は参加費には含まれません。

 ※論文集のみ 5,000円(税・送料込)の申込は,以下の内容を研究部門宛にE-mail:sig"at"ipsj.or.jpか,FAX:(03)3518-8375にてお 送りください。
  発送はシンポジウム終了後となります。
  請求書等を同封しますので,到着しましたらお手続きください。
   [注文品名,注文数,氏名 ,会員番号,勤務先,送付先住所(勤務先 / 自宅),郵便番号,住所,Tel ,Fax,E-mail,請求書 :  通, 見積書 :  通, 納品書 :  通,請求書記載名義]

アクセスマップ

*12/9, 12/10 とも10時までは「南側入口」から入館してください
GoogleMAPはこちら

問い合わせ

シンポジウム全般の照会先メールアドレス:

過去の開催