トップページ >第67回研究会

最終更新日:2018-08-18

◆第67回 人文科学とコンピュータ研究会発表会
(主査:相田満,幹事:師茂樹,鈴木卓治,曽我麻佐子)

 日時 2005年 7月29日(金) 9:30〜16:40
 会場 山梨大学 甲府キャンパス
    総合情報処理センター(情報メディア館)
    5階マルチメディア多目的ホール
    [〒400-8510 甲府市武田4-4-37]
 交通 JR中央線 甲府駅北口下車
    ・徒歩 15〜20分
    ・タクシー 約3分
    ・バス 約5分(甲府駅北口〔ロータリー向かって右側の乗り場〕
から「武田神社」又は「積翠寺行」乗車、「山梨大学」下車)
    ここを参照.
 現地連絡先 小方孝(山梨大学)
    メールアドレス
    研究室WWWページ
 発表申込締切 2005年 5月23日(月)
 原稿提出締切 2005年 6月29日(水)予定

発表募集は終了しました.

■プログラム

[9:30 〜 10:40]
(1) 近代日本身装電子年表の構築−身装画像データベースへのひとつの入口として
高橋晴子(大阪樟蔭女子大),中川隆(民博)

(2) ノーテイション記号の組み合わせからの舞踊・古典芸能などの映像資料についての身体動作検索の構想試論
木村はるみ,加藤一(山梨大)

[10:50 〜 12:00]
(3) ネットワークセキュリティと個人意識
坊農豊彦,長井壽満,橋本信彦(日本大)

(4) 情報と物語・文学を巡る共同討議 (2):〜でないものとしての物語生成
小方孝(山梨大),青柳悦子(筑波大),阿部明典(ATR),岩垣守彦
(元玉川大,文筆家),金井明人(法政大),森田均(長崎シーボルト大)

[13:00 〜 14:45]
(5) データベース共有におけるデータマッピングの事例的研究
原正一郎(国文学研究資料館)

(6) 資源共有化のための歴史資料データベースのDublin Coreへのマッピングの検討
安達文夫,鈴木卓治,小島道裕,高橋一樹(歴博)

(7) 横断検索を前提とした博物館標本資料のDublin Coreによる記述
山本泰則(民博)

[14:55 〜 16:40]
(8) 階層的素性名を用いた異体字記述の試み
秋山陽一郎,守岡知彦,浦田衣里(京都大)

(9) 電子辞書の多漢字コンテンツ作成について
野村英登(財団法人交流協会)

(10) Palimpsest解析システムの開発
加茂 竜一,小室哲郎,永野壮太,鈴木理洋,平方雅隆(凸版印刷)

■懇親会情報

日時 2005年7月28日(木)18:00〜2時間程度
場所 小作 甲府駅前店(甲府駅南口) くわしくはこちら.
会費 5000円

参加ご希望の方は下の返信用書式で、師(s-moro@hanazono.ac.jp)まで
メールでご連絡ください。締切は2005年7月23日(土)です。

トップページ > 第67回研究会