開催予定?に戻る

◆第85回 人文科学とコンピュータ研究会発表会

(主査:後藤真,幹事:上地宏一,鈴木卓治,関野樹,三宅真紀)

会場情報

 日時 2010年2月6日(土)
 会場 琉球大学-千原キャンパス(沖縄県中頭郡西原町千原1番地)
  研究者交流施設50周年記念館 多目的室AB
  (千原キャンパスまでのアクセス)
  http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html

  (キャンパスマップ)
  http://www.u-ryukyu.ac.jp/admission/nyushi/guide2007/img/campusmap.pdf

・バス
  那覇バスターミナルから那覇バス97系統 約45分 琉大東口下車 徒歩約15分
  (バス時刻表)
   (行き) http://buta.nahabus.jp/busstop_show.asp?busstop=740 
   (帰り) http://buta.nahabus.jp/BusStop_Show.asp?BusStop=444&Keito=26

懇親会

 日時 2010年2月5日(金)18:00より
 会場 うりずん(那覇市安里388-5 TEL.098-885-2178)
    ゆいレール安里駅より徒歩1分 http://www.urizn.gr.jp/

    上地<kamichi■fonts.jp>までご連絡ください(@を■に変更しています)。
    締切:2010年2月2日

発表申込

  発表申し込みは締め切りました.

  原稿提出締切 2010年1月6日(水)(予定)
  (原稿のフォーマットが2009年4月より変更されていますのでご注意ください)

発表申込方法

 研究会での発表のページをご参照の上、お申し込みください。

  • 申込には必ず返信します。返信のない場合は照会先までご連絡ください。
  • 後日学会事務局より、予稿集の論文原稿作成の詳細について e-mail にてご案内いたし。

参加費(聴講)

  • 研究会登録会員:無料
  • 学会正会員:1500円
  • 学会学生会員:500円
  • 非会員(非会員の学生も含む):2500円

  詳しい情報は下記URLをご覧ください。
  http://www.ipsj.or.jp/09sig/kenkyukai/sanka.html

冊子体『研究報告』のオンライン化について

今年度より、情報処理学会のすべての研究会は、論文誌を全面的にオンライン化することになりました。
詳しい情報とQ&Aは、下記URLをご覧ください。
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html

この方式は、事前にインターネットから論文をPDF形式でダウンロードしていただく(研究会員は無料、それ以外は有料)、
もしくは当日会場にてUSBメモリからデータをコピーしていただくことによって論文を閲覧するものです。
研究会参加希望の方は、事前にダウンロードしたものをプリントアウトしてご持参い ただくか、パソコンをお持ちいただくことになります。

CH研究会は、人文系との中間領域であることもふまえまして、21年度にかぎり、 印刷した冊子を作成いたします(22年度以降は未定)。
研究会参加者に限り、冊子をお渡しできます。しかし、参加者以外には、学会の規定上お渡しできません。
当日、参加できなかった会員のみなさまは、大変お手数ですが、論文をダウンロードのうえ、ご参照いただければと思います。

研究会のみなさまにはご不便をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願 いいたします。

プログラム 

発表のキャンセルがあったため、プログラムが変更されています(1月12日)。

[10:10-10:50]
(1)画像データの索引付け
○及川昭文(総研大)

画像が検索の対象となる場合,うまく索引付けを行わないと求め
る画像を検索できない。絵はがき,ブックカバー,鶏(鶏をモチ
ーフにした民芸品など)の3種類のデータベースの索引付けについ
て報告する。

[10:50-11:30]
(2)観光学を用いた科学技術へのアプローチ
○井出明(首都大)

 民主党が財政の民主化のために用意した「仕分け」作業は、専
門家以外の人々にとって科学技術が大変縁遠い存在であることを
図らずも露わにしてしまった。本報告では、こうした専門家と一
般社会の間にある断絶を埋めるために、観光学の手法が有効であ
ることを具体的に示したい。

昼休み 11:30-13:00(90分)

[13:00-13:40]
(3)地域社会の共通語化に関する多変量解析モデル
○横山詔一(国立国語研究所),阿部貴人(国立国語研究所)

国立国語研究所は,山形県鶴岡市で1950年,1971年,1991年の3
回にわたって大規模な共通語化の調査を実施した。この経年調査
(縦断調査)は世界に類を見ない貴重なものである。本研究は,
このデータを用いて共通語化の多変量解析モデルを提案する。

[13:40-14:20]
(4)中古和文を対象とした形態素解析辞書の開発
○小木曽智信(国立国語研究所),小椋秀樹(国立国語研究所),田中牧郎(国立国語研究所),
近藤明日子(国立国語研究所),伝康晴(千葉大学)

現在開発を行っている「中古和文UniDic」を紹介する。これは中古
和文を典型とする和文系の資料を対象とする解析辞書で、すでに公
開中の「近代文語UniDic」同様、日本語の歴史的資料の形態素解析
を可能にするものである。

休憩 14:20-14:40(20分)

[14:40-15:20]
(5)訓点資料釈文制作における構造化記述の試み
○高田智和(国語研)

京都国立博物館蔵『世説新書』巻第六残巻(7世紀末唐写本、10世
紀初頭頃加点)の朱点(2種)と角筆点を例に、ヲコト点主体の平
安時代訓点資料の釈文制作時に用いる構造化記述の方法を検討す
る。

[15:20-16:00]
(6)長谷川等伯の美的感性(美意識)の謎についての一考察
○辻田忠弘(甲南大学),長谷川美和(神戸女子短期大学)

画家個人がもつ感性の差異を利用して、SD法により、贋作や作品
にある謎の解明を行ってきた。しかし長谷川等伯の国宝「楓図」
と国宝「松林図屏風」には同一人物の作とは考え難い感性の謎が
ある。この謎に取組みたい。

お問い合わせ

 関野 樹(総合地球環境学研究所)
 E-mail: sekino■chikyu.ac.jp (@を■に変更しています)
 TEL. 075-707-2100(代表)

2018-08-18 (土) 12:44:49

開催予定?に戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-18 (土) 12:44:49 (36d)