開催予定?に戻る

◆第78回 人文科学とコンピュータ研究会発表会

(主査:鈴木卓治,幹事:五島敏芳,永崎研宣,阪田真己子,後藤真)

会場情報

 日時 2008年5月23日(金)
 会場 立命館大学(京都府京都市)

・京都駅より
  市バス50/快速205にて(約35分) 「立命館大学前(終点)」下車
  市バス205にて約35分、「衣笠校前」下車、徒歩10分
  JRバスにて約30分、「立命館大学前」下車
・JR円町駅
  市バス快速202/快速205にて(約10分)「立命館大学前(終点)」下車
  市バス205にて約10分、「衣笠校前」下車、徒歩10分
  JRバスにて約10分、「立命館大学前」下車

http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html

懇親会

  日時:2008年5月22日(木) 18:00~20:00
  会場:Tawawa二条店 ※立命館大学朱雀キャンパス・7F
 http://www.kyo-tawawa.co.jp/restaurant/nijo/index.html
  会費:5000円(学生は会費割引あり)
   ※参加希望者は、その旨を下記連絡先までお願いします。(5月12日〆切)

発表申込

  • 第78回研究会は、立命館大学・グローバルCOEプログラム「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」との共催にて、特集セッション「『日本文化デジタル・ヒューマニティーズ』とその展開」を開催します。
  • したがいまして、第78回研究会の通常の受付最大件数は8件の予定です。あらかじめご了承ください。

   発表申し込みは締め切りました。

  原稿提出締切 2008年4月25日(金)(予定)

プログラム

  • セッション1 9:00~10:45
    • 9:00~9:35
      ○藤本 悠(同志社大学大学院文化情報学研究科)
      「文化現象研究におけるOOGIS理論の有効性-考古学における古墳時代研究での実践的検討-」
      本研究では、OOGIS理論と地理情報標準に準じたモデル化手法を用
      いて、文化現象をモデ化し、データベースに実装し、分析する方
      法を検討する。また、考古学における古墳時代研究においてその
      実践を試みる。
  • 9:35~10:10
    ○山田哲也(同志社大学大学院、今日庵文庫),矢野 環(同志社大学文化情報学部)
    「茶の湯のコミュニティー ―『天王寺屋宗達他会記』に見る交友の時系列分析―」
    茶会記の客組からその相関関係を分析すると、特に千宗易(利
    休)と天王寺屋一族との興味深いネットワーク形成が見て取れ
    る。従来の茶会記研究では把握できない時系列な状況をネットワ
    ーク処理から見易く提示する。
  • 10:10~10:45
    ○広瀬 駿(立命館大学 情報理工学部),吉村 ミツ(立命館大学 COE推進機構),八村 広三郎(立命館大学 情報理工学部),赤間 亮  立命館大学 文学部
    「落款を利用した浮世絵の作者同定の試み」
    江戸時代から作成された浮世絵の画像を対象として,浮世絵の落
    款の特徴量から浮世絵の絵師を特定する.浮世絵から手動で切り
    出された落款画像を画像処理し,文字部を抽出し,加重方向指数
    ヒストグラム特徴にもとづき,辞書作成,距離の定義などを行
    い,絵師の識別実験を行った.その結果,約9割の識別率を得,
    落款による絵師特定の可能性を得ることができた.
  • セッション2 10:55~12:05
    • 10:55~11:30
      ○小沢一雅(大阪電気通信大学)
      「三韓王朝における王の崩年モデル」
      天皇の崩年モデルの考え方を高句麗・新羅・百済の三韓王朝に適用
      する。崩年モデルによって導かれる推定崩年と三国史記にもとづく
      西暦崩年との差異について考察を行う。
  • 11:30~12:05
    ○中村美奈子(お茶の水女子大学),小田邦彦(大阪電気通信大学),ミリニサ・マンスル(お茶の水女子大学)
    「モーションキャプチャを用いた舞踊における運動の質の評価の試み -ウイグル舞踊の基本歩行動作と旋回動作を事例として-」
    運動の質の評価の試みとして、ネイティブダンサーによるウイグル舞踊の基本
    歩行動作と旋回動作を、モーションキャプチャ計測し、演者の技術の質的な評
    価を行った。
    分析を行った結果、主に重心位置の軌跡に特徴を見出すことができた。この定
    量的分析結果をふまえ、ダンサーへの聞き取り調査によりウイグル舞踊の動作
    特性を運動学と民族舞踊学の両視点から検証する。
  • セッション3 13:00~15:20
    特集セッション「『日本文化デジタル・ヒューマニティーズ』とその展開」
    • 13:00~13:35
      ●赤間 亮(立命館大学文学部),金子 貴昭(立命館大学大学院文学研究科)
      「浮世絵デジタルアーカイブの現在」
      浮世絵のデジタルファクシミリの蓄積を15年間に亙って行ってきた。
      本研究プロジェクトがWEB上に置いたイメージファイル総数は、20万枚を
      超える。WEB環境の進化により、これらがどのように研究に利用されている
      のかを紹介する。
  • 13:35~14:10
    ●木村 文則(立命館大学情報理工学部), 小牟礼 雅之(ユニバーサルコンピューター), 前田 亮(立命館大学情報理工学部), 佐古 愛己(立命館大学文学部), 杉橋 隆夫(立命館大学文学部)
    「古典史料データベース検索システムの提案」
    デジタル保存を行った古記録や古文書を有効活用するため,内容にまで
    踏み込んだ古記録データベースの検索システムを提案する.本研究では
    メタデータの付与とその閲覧システム,時代横断型検索システムを提案する.
  • 14:10~14:45
    塚本章宏(立命館大学大学院文学研究科)
    「GISを用いた歴博甲本洛中洛外図屏風に描かれる空間の定量的分析」
    本報告では洛中洛外図屏風シリーズの中でも最古のものとされている
    歴博甲本(町田本)を取り上げる。京都に点在する多くのランドマークは、
    限られた屏風の範囲にいかにして取り込まれたのかを、GISを用いて検討する。
  • 14:45~15:20
    ●斎藤進也(立命館大学衣笠総合研究機構), ●稲葉光行(立命館大学政策科学部)
    「地域を知を集める ~協調的ナラティヴの蓄積による日本文化アーカイヴの構築」
    我々が開発した、地域に残る様々な個人の記憶を協調的に蓄積する「KACHINACUBE」
    システムを、具体的な事例とともに紹介する。さらに、こうした個人の記憶が日本文化
    全体を研究する上でいかに重要かを考察する。
  • 第4セッション 15:30~17:15
    • 15:30~16:05
      ○岡墻裕剛(北海道大学), ○石塚晴通(北海道大学), ○斎木正直(北海道大学)
      「HNGで見る字体数の変遷」
      漢字字体規範データベース(HNG)で公開されている用例について,
      実際に出現する字体数を計測し,その方法論を実践的な視点から
      詳述し,字体の変遷について調査・報告を行う。
  • 16:05~16:40
    ○山田奨治(日文研), ○尾方隆幸(日文研)
    「古事類苑・地部データへの経緯度情報付与と地図化」
    明治時代に編纂された百科事典ともいえる『古事類苑』の「地
    部」に記載されている地名に対して経緯度情報を与え、GISシス
    テムから『古事類苑』を参照するシステムを実現した。経緯度情報
    の作成方法と、20万分の1帝国図からの海岸線シェープファイル
    の作成を中心に報告する。
  • 16:40~17:15
    ○岡本隆明(大谷大学 聖教編纂室)
    「古文書・典籍を対象とした文字管理システムとその可能性」
    1文字を1レコードとして史料内の文字一つひとつにIDを与えてリレ
    ーショナルデータベースで管理することにより、各文字に与えた
    丁・行・桁などの文章構造を表現する情報、画像上の座標位置情報
    をもとに基本的な全文検索・史料画像データベースとしての機能を
    実現させるとともに、1文字単位で様々な属性を格納できることか
    ら、異体字・訓点の管理などに応用できることを示す。

照会/申込先

後藤 真(花園大学)
E-mail: m-goto■hanazono.ac.jp (@を■に変更しています)
TEL. 075-811-5181(代表)

開催予定?に戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-18 (土) 12:44:49 (91d)