◆第107回 人文科学とコンピュータ研究会発表会

主査:  松村敦
幹事:  亀田尭宙、鹿内菜穂、土山玄、山田太造

会場情報

 日時 2015年8月9日(日)
 会場 奈良大学(奈良県奈良市山陵町1500 →アクセス)A棟 A-130

募集内容と締切

↓延長しました
発表申込締切 2015年6月30日(火)
原稿提出締切 2015年7月14日(火)

募集内容

  • 一般口頭発表 合計 8-10件
  • ショート:15~20分程度の持ち時間(質疑を含む)
  • ロング:20分~25分程度の持ち時間(質疑を含む)
     ※ロング/ショートでも2p~8pの予稿は必要となります。
     (この範囲であれば枚数は自由です)

申込方法

  • 申込書のページ( https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CH/ )をご利用ください(なお、原稿提出はこちらのページから行っていただきます)
  • 「研究会への連絡事項」欄に「一般(ロング)」か「一般(ショート)」か、ご記入ください。
  • 投稿システムで申込後、「講演 申込完了のお知らせ」という件名のメールが自動配信されます。
  • 担当幹事より、「講演申込受理 のお知らせ」という件名のメールで、整理番号とパスワード、原稿執筆の詳細が届き、正式受理となります。正式受理の連絡がない場合は照会先までご連絡くだ さい。
  • 先着順にて、定足数に達し次第、締め切りとさせていただきます。
  • お申込み後、原稿提出時の発表ご辞退はお控えいただくようにお願いします。

参加費(聴講)

学生一般
SIGCH登録会員無料無料
情報処理学会会員500円1500円
非会員1000円2500円

詳しい情報は下記URLをご覧ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html

プログラム

論文は 情報学広場 からご覧ください(研究会登録会員は無料、非会員で聴講される方用には紙の資料を当日配布します。)

[10:00-10:05]
開会の挨拶

[10:05-10:25]
(01) 明治以降の「旧暦」のデータベース化
〇関野 樹(総合地球環境学研究所)

日本では、明治6年の改暦以降もそれまで用いられてきた太陰太陽暦が「旧暦」として祭礼、易学、年中行事、日常生活などの各所を利用されている。本研究では、この「旧暦」を明治の改暦から現代に至るまでの全ての期間について当時の資料を使って再現し、そのデータを日付文字列の解析機能を有するデータベースに統合することで、他の暦との相互変換を行う仕組みを構築した。当該データベースはWeb上で利用可能である(http://www.hutime.jp/)。

[10:25-10:50]
(02) 漢字の包摂粒度の符号化に関する諸問題について
〇守岡 知彦(京都大学)

漢字を含む電子テキストをアーカイブする場合、符号化 文字の指示対象を明確にすることが重要である。漢字に おいて符号位置の包摂範囲を確定するのは包摂規準の役 割であるが、さまざまな漢字文献を対象とした場合、汎 用符号化文字集合が想定する包摂規準だけでは不十分な 場合があり、複数の包摂規準を混在した文字処理が必要 な場合がある。ここでは、こうした場合の課題や適切な 情報の記述や処理の可能性について議論したい。

[10:50-11:00]
休憩

[11:00-11:25]
(03) 「デジタル・アーカイブ」の利活用可能性を高めるために
 ―仏典画像統合検索APIの構築を通じて
〇永崎 研宣(一般財団法人人文情報学研究所)

近年、「デジタル・アーカイブ」はこれまでにない注目を浴びるようになりつつある。色々な観点からの「デジタル・アーカイブ」が議論され公開されるようになってきているが、多くは画像をWebに公開してメタデータをつけるということを指しているようである。画像とメタデータを公開するタイプの「デジタル・アーカイブ」は、必ずしも利活用が容易であるとは限らないように思われることが多々ある。筆者は近年、国内外の「デジタル・アーカイブ」における仏典画像のURLを収集し、擬似的に検索可能なシステムを構築し、さらに改良と収集を続けている。本発表では、このシステム構築の実践を通じ、「デジタル・アーカイブ」利活用可能性を高めるための方策について検討する。

[11:25-11:50]
(04) 異文化交流、歴史評価へのマトリックス履歴書の適用
〇大野 邦夫(株式会社モナビITコンサルティング)
 西口 美津子(福島工業高等専門学校)

起業家人材育成のために活用してきたマトリックス履歴書を、異文化交流やその関連の歴史の評価に活用することを試みた。日本と西洋の歴史的関係としてキリスタン伝来、明治維新、戦後の民主化の3つの時期について取り上げ、その類似性の評価にマトリックス履歴書の適用を試みた結果、きあなりの類似性が存在することが判明した。さらに共通のパターンを明確化することにより、異文化交流と歴史評価へのマトリックス履歴書の可能性を検討した。

[11:50-13:00]
お昼休憩

[13:00-13:25]
(05) 外国人日本語学習者の発音能力を測定するシステムの開発
〇高橋 恵利子(目白大学)
 畑佐 由紀子(広島大学)
 山元 啓史(東京工業大学)
 前川 眞一(東京工業大学)
 畑佐 一味(パデュー大学)

本研究の目的は,外国人日本語学習者の発音能力を簡易に診断するシステムを開発することである.その目的を達成するためにはさまざまな問題があるが,本稿では音声データの収集形式の問題と評価者の問題を取り上げる.音声データの収集方法としては,短文を読み上げ,それを録音する方法(読み上げ課題)と,同じ短文をあらかじめ録音したものを聞いて発音したものを録音する方法(リピート課題)の2つを検討する.録音の評価者は,全員日本語母語話者(日本語教師,日本語教育未経験者)とし,これらの条件で,6名(母語話者2名,ほぼネイティブ水準の発音技能を持つ者2名,顕著な外国人訛りを持つ者2名)の音声提供者の録音資料を用い,一対比較法による評価実験を行った.実験の結果,データの収集方法については,いずれの方法によっても0.86以上の相関係数が得られたが,リピート課題(0.86以上)よりも読み上げ課題(0.92以上)の方が,若干高かった.これにより,今後のシステム設計計画では,一般の母語話者を評価者とし,あらかじめ音声材料を準備する必要のない読み上げ課題によるデータ収集方式を採用することにした.

[13:25-13:50]
(06) 小袖屏風を対象とした知的構造の抽出に関する研究
〇濱上 知樹(横浜国立大学大学院工学研究院)
 澤田 和人(国立歴史民俗博物館情報資料研究系)

本研究では歴史資料デジタルアーカイブデータに機械学習・セマンティックデータ処理を試みることで,デジタルアーカイブデータからの新たな知的構造を抽出することをめざしている。特に本稿では,国立歴史民俗博物館との共同研究のもと,小袖屏風を対象にした知的構造の抽出と知的デジタルアーカイブの研究事例について,ディープラーニングを用いたモチーフの分類手法について紹介をする。

[13:50-14:00]
休憩

[14:00-14:20]
(07) 文学作品の計量分析:その方法と歴史
〇土山 玄(同志社大学研究開発推進機構)

文学作品の計量分析は主に計量文献学と称される。文学作品を対象に計量的にアプローチするという点で、計量文献学は最近の学問のようにも思われるが、実のところ、計量文献学に関連した研究の歴史は長く、19世紀にまでさかのぼる。草創期にはプラトンの著作やシェイクスピアの戯曲が研究対象となり、著者の識別や執筆順序の推定を目的とし分析がなされた。本発表では、このような代表的な研究事例を採り上げ、計量文献学の歴史とその研究方法を概観する。

[14:20-14:40]
(08) データに基づいた「花日記」の代作問題検証
〇孫 昊(同志社大学文化情報学研究科)
 李 鍾賛(同志社大学文化情報学部外国人研究員)
 金 明哲(同志社大学文化情報学部)

日本初のノーベル文学賞を受賞した川端康成にまつわる数多くの代作問題があり、その一つは「花日記」である。「花日記」は新潮社1981年版の川端全集第20巻に収録されているが、本作は当時川端康成を師事した主婦作家・中里恒子の代作だという説がある。本研究は文章から抽出した読点の打ち方、タグのBigram、文節パターン特徴量を基に、統合的分類アルゴリズムを始めとする分析手法を用いて分析した。

[14:40-14:50]
休憩

[14:50-16:50] チュートリアル
(09) フリーソフトウェア「KH Coder」による計量テキスト分析
――手軽なマウス操作による分析からプラグイン作成まで
〇樋口 耕一(立命館大学産業社会学部)

実際の操作も含めてのチュートリアルになりますので、ノートPCのご持参をお勧めします。
Windowsの場合は事前の準備は不用ですが、LinuxやMacの場合には事前に KH Coder をインストールの上、ご参加ください。事前登録は不要です。

http://khc.sourceforge.net/

KH Coderとは、計量テキスト分析(テキストマイニング)のためのフリーソフトウェアである。内部では茶筌・MeCab・Stanford POS Taggerのほか、MySQLやRを利用しており、これらのツールの機能を統合するためにPerlを使用している。 本チュートリアルセッションでは第一に、計量テキスト分析の考え方、すなわちKH Coderの フィロソフィーを紹介する。具体的な分析事例を通じて、社会学の分野で伝統的に利用されてきた 内容分析(content analysis)の考え方にもとづいた分析方法とソフトウェアであることを示す。 第二に、非常に手軽なマウス操作によってテキスト型データの分析が行えることに加えて、Perl ないしRの短いコードを追加すれば新たな分析機能を追加したり、分析を自動化できることを紹介する。これらの点については、ご自身のPC上で実際に操作を行っていただく予定である。

[16:50-16:55]
閉会の挨拶

懇親会

時間:終了直後
会場:奈良大学構内 喫茶ならやま
予算:4500円程度.学生割引あり

参加される方は 8/1(土)までに下記連絡先までメールでお教えください。

お問い合わせ先

亀田 尭宙 kameda■cias.kyoto-u.ac.jp(@を■に変更しています )


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-18 (土) 12:44:49 (64d)